倉敷市福田公民館講座でサルベージパーティー

高校生企画の公民館活動として、12月18日に倉敷市福田公民館で、管理栄養士さん、地域の方々のご協力のもと、地域の小・中学生を対象にサルベージパーティーを開きました。題して「すてるのなくない?みんなで作って食べよう!」目的は、食品ロスになりかけている食材を減らすために有効活用できる料理を考えて作ることと、参加者同志の交流です。
食品ロスを減らすために、参加者の家にあるもうすぐ捨てそうな食材や余っている食材を持ち寄ったり、COOP北畝さんにご協力いただき、廃棄直前のまだ食べられる食材を無料で提供していただいて、その集まった食材で何が作れるか考え、料理しました。過去に公民館での食品ロスの調理講座で作った時の料理の品数をはるかに超えて、14品も作ることができました!
地域の方々の知恵の多さに驚きました!小・中学生のみんなとも仲良くなることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。完成した料理はすべておいしかったです!また、企画したいです!

カテゴリー: 地域連携プロジェクト   パーマリンク

コメントは受け付けていません。